« 愛知県境、鳳来町? | トップページ | 古いハートレートモニター、まだ動きます »

2012年2月15日 (水)

アデノウィルスに有効な消毒薬と使用法

Photo_8

はやり目(流行性角結膜炎や咽頭結膜熱)の原因であるアデノウィルスは非常に感染力が強いので、患者さんに触れた手指や患者さんが触ったところをしっかり消毒しないと次々と感染が拡がってしまいます。

保育園や幼稚園、その他色々な施設で、はやり目が流行した際にどのように消毒したら良いかという質問を良く受けますので、アデノウィスルに有効な消毒薬とその使用法をまとめてみました。

アデノウィルスの消毒に当たって、まず一番大事な原則を押さえておきたいのですが、

手指の消毒は流水で機械的に洗い流してしまうのが最も重要で、これをせずに消毒薬のみ使ってもダメ。

これだけはまず頭に入れておいてください。その上で、有効な消毒薬とその使用方法について書きます。

1.ポピドンヨード:商品名はうがい薬で有名な明治製菓の「イソジン」

Photo

色々な濃度・剤型がありますが、写真のような手指消毒用に界面活性剤が入った「イソジンスクラブ」という製品があります。これは手術室での手洗いにも使うもので、全ての細菌・ウィルスに有効です。我々は、はやり目の患者さんに直接触れてしまった場合、患者さんが触れた所を触ってしまった場合などにはこれで手を洗います。皮膚への刺激も強くなく、安全に使える薬です。

一般には市販されていないものでしたので、患者さんに勧める事はなかったのですが、最近このイソジンスクラブと全く同じものが薬局で市販されているのを発見しました。

Photo_2

「イソジンハンドウォッシュ」という製品で、同じ明治のもので、我々が使うイソジンスクラブと全く同じ濃度の製品でした。これは今流行の泡状になって出てくるようになっています。これを使って手を洗えば、アデノウィルスを完全に殺菌できます。

Photo_3

Photo_4

1mL中ポピドンヨード75mg(有効ヨウ素として7.5mg )。全く同じですね。

ただし、使い方には注意が必要です。

・薬液を手指にまんべんなく行き渡らせた状態で1分以上もみ洗いをする:ウィルスが死滅するのには1分程度の時間が必要です。

温水で洗う:冷たい水ではヨードの殺菌作用が減弱してしまうので、ぬるま湯程度の温度で洗ってください。

・残った薬液を完全に流水で洗い流す。流して落とすという機械的除去が重要。

安全かつ強力な消毒薬なので、手指消毒以外にも、全ての器具の消毒にも使いたいのですが、この独特の色ですので、水で洗い流すことの出来ない物、場所の消毒には向いていません。畳や絨毯、壁、襖などに付着すると汚れが目立ちます。金属を腐食する性質があるので、金属類にも使えません。また、糊のかかった衣服やシーツなどに付くと、澱粉のヨウ素反応で青紫の染みになってしまいます。洗濯すれば落ちますが、あまり気持ちの良いものではありません。

洗い流すことの出来ない部分は次のアルコールの出番です。

2.消毒用エタノール(アルコール)

Photo_5

これは昔から薬局で手に入ります。我々医療機関用のは上記のような樹脂製のパッケージですが、一般用はガラス瓶だと思います。

手指消毒ではなく、はやり目の患者さんが触ってウィルスが付着したと思われる所を拭いて消毒するのに使います。原液に浸したガーゼを軽く絞って、ドアの取っ手や手摺り、その他患者さんが触ったと思われる所を拭きます。1回拭いて、乾いてからもう一度、2度拭きするとほぼウィルスを除去できるという実験結果があります。このアルコールガーゼで手を拭いて手指消毒しても良いのですが、かなり高率に手荒れを起こしますのでお勧めしません。私などは常に触っていますので職業病で慣れましたが、アルコールガーゼを触る指は脱脂されて角質が変性して、いつもカサカサに荒れています。

Photo_6

アルコールなら何でも良いと言う訳ではなく、消毒に適した濃度というものがあるので注意が必要です。

消毒用エタノールは写真のように80%前後の濃度となっていて、これより濃すぎると逆に消毒効果が低下し、これより低いと濃度に比例して消毒効果が減弱します。80%前後が最も消毒効果が高いので、必ず「消毒用エタノール」と明記されているものを使ってください。

3.次亜塩素酸ナトリウム:商品名は哺乳瓶等の消毒で有名な「ミルトン」

殆ど全てのウィルスに有効で、アデノウィルスにも有効ですが、この消毒薬は基本的に希釈液に長時間つけ置きして消毒をするもので、これで手洗いをしたり、拭いたりして使う物ではありません。アデノウィルスを短時間で殺菌するためには比較的高濃度のものを使う必要がありますが、強アルカリなので手指消毒に使ったら皮膚炎を起こします。手袋をして器具類の拭き消毒に使うとしても、金属を腐食させるのでドアノブなどは拭けませんし、非金属でもそのまま薬液をつけたままにはできないので、はやり目のアデノウィルスに対する使用にはあまり適しているとは言えません。

4.グルタールアルデヒド(ステリハイド)

全てのウィルスに有効で、強力な消毒薬ですが、アルデヒドの名の通り、非常に毒性が強く一般には市販されていません。医療機関で使う場合も直接触らないよう、吸入しないよう、粘膜から吸収されないように、完全な防護をして使わなければいけないので、この消毒薬の使用は敬遠されるようになっています。訓練された看護師さんが勤務しているような幼稚園、保育園なら使用出来るかも知れませんが、手指消毒には使えないし、器具を消毒した後は完全に洗い流さないといけませんから、ミルトン同様、はやり目の消毒には適していない薬です。上記の他の有効な消毒薬が存在するので、この毒性の強い消毒薬をわざわざ使うメリットはないでしょう。

==============================================

まとめ

「手指は石鹸、可能ならポピドンヨード(イソジン)を使って温水で1分以上時間をかけてもみ洗いした後に良く洗い流し、ポピドンヨードで洗えない場所や器具は80%の消毒用エタノールで二度拭きする。」

というのが最も簡単で一般的な方法で、それで充分アデノウィルスを除去できると思います。洗濯できる物は洗濯してしまえばウィルスは落ちてしまうので特に煮沸などする必要はありません。ちなみに、これはほぼ全てのウィルス、細菌の消毒に有効な方法と思います。

*ノロウィルスはエタノールが無効なので、器具類の消毒は次亜塩素酸ナトリウムを使わないといけません。

 

|

« 愛知県境、鳳来町? | トップページ | 古いハートレートモニター、まだ動きます »

コメント

具体的な商品の提示や取り扱いが書かれており、大変参考になりました。
ありがとうございました。

投稿: わかな | 2012年11月30日 (金) 16時20分

わかなさん、コメントありがとうございます。

お役に立てれば幸いです。
この記事は目の病気の話「はやりめ」にリンクを貼ってからアクセスランキング万年1位です。

投稿: 町田眼科医院 | 2012年11月30日 (金) 22時25分

はやり目に罹りました。
症状はほぼどうしようもないので、2次感染防止のため
知りたいことを検索していて、やっと信頼でき幅広い情報のここへたどり着きました。
明日、さっそくポピドンヨードのハンドウォッシュを買いに行きます。
お洗濯も特に気にしなくてよいのですね。
先生、ありがとうございました。

投稿: ひよこ | 2013年11月14日 (木) 20時22分

ひよこさん、コメントありがとうございます。

アデノウィルスの結膜炎は症状が重いのでつらいですよね。主治医の先生の指示に従ってしっかり療養してください。

お風呂や洗濯に関して、
お風呂は最後に入るようにとか、洗濯物は煮沸消毒するようにとか、昔の教科書には書かれていたし、今でもそういう事を言う人もいますが、現在の一般的認識ではその必要はないというのが大勢かと思います。

大量の水と洗剤を使って機械的に洗い流す訳ですから、手洗いと一緒で、それで殆どウィルスは洗い流されると思います。全ての洗濯物の煮沸など現実的ではありませんし、むしろ火傷の危険があるのでお勧めしません。

お大事にしてください。

投稿: 町田眼科医院 | 2013年11月15日 (金) 10時21分

昨夜より、左目が涙目になって、還暦でもあるし、老化かなあ、、、、と思っていました。今朝になって、涙というより、べたべたしているので、もしやと思い、眼科受診。
グリグリ痛い組織検査?の後、結膜炎と言う診断でした。オドメールと、レボフロキサシンという目薬を一日4回点眼することになりました。
子ども相手の仕事なので、職場からも、来ないでと言われてしまい、急遽、休日です。
右目にうつさないように、、と言われ、あちこちアルコールティッシュで拭きながら、戦々恐々としています。
先生のHPを拝見して、ちょっとホッとしています。明日の洗濯は熱湯を使って、、、と考えていたので。ありがとうございます。
ところで、目は赤くはありません。かゆくもありません。時々、涙がツツ〜とたれるくらいです。それでも、完治まではかなりかかるのでしょうか。眼科で、大丈夫ですよ、と言われるまでは、自宅療養なのでしょうか。お教えください。

投稿: かりんとう | 2014年11月12日 (水) 19時46分

かりんとうさん

町田眼科院長、町田です。

>目は赤くはありません

はやりめの充血は、くろめの周囲(眼球結膜)よりも瞼の中(眼瞼結膜)(あかんべした中)の充血が強いです。鏡でぱっと見はあまり赤くないなぁと思っても、まぶたを引っ張って見てみると明らかに充血している事が多いです。全く充血なければ、それははやり目ではありません。

>グリグリ痛い組織検査?の後、結膜炎と言う診断

アデノウィルス抗原検査で陽性という事だと想像しますが、そうならばはやり目で確定です。

>子ども相手の仕事

子供達は強制的に出席停止になる学校伝染病です。もしあなたが完治前に自己判断で職場に出て感染を拡げてしまったら責任問題になります。ぜひ主治医の指示に従ってください。

エボラとは言いませんが、インフルエンザにかかったと思ってしっかり自宅療養してください。
お大事に。

投稿: 町田眼科医院 | 2014年11月13日 (木) 02時08分

さっそくお返事いただき、ありがとうございました。今まで、来週の仕事のキャンセルと引き継ぎをしていましたので、一安心です。これから、近所の薬局に、アルコールなど、消毒薬の買い出しに行ってきます。手袋をしていきます。我が家に、中国のお酒で45度の、誰も飲まないお酒があるのですが、消毒につかえないでしょうか?すみません変な質問で。

投稿: かりんとう | 2014年11月13日 (木) 10時33分

かりんとうさん

私のブログのアルコールの所にも書いてありますが、アルコールは約80%の消毒用エタノールが最も消毒力が強く、45度(%)では効果は期待できません。

投稿: 町田眼科医院 | 2014年11月13日 (木) 13時09分

お馬鹿な質問にもお答え下さり、恐縮です。イソジンの匂いに「消毒消毒」と唱えながら、手洗いをしております。ありがとうございました。

投稿: かりんとう | 2014年11月13日 (木) 14時48分

会社に他社の営業の方がいらして、先週、流行り目で休んでいたのですが、今日から出社できたので、と言ったのですが…。
一週間ぐらいで大丈夫なのでしょうか。
うちの会社の者に感染したりはしないんでしょうか。

ちょっと不安になってしまって…。
ご面倒でなければ、対策等を教えていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。

投稿: なな | 2015年11月26日 (木) 13時53分

なな様

通常流行性角結膜炎は平均して1週間程度で治癒して感染力なくなるのが普通ですから、その営業さんのケースは平均的なものだと思います。
会社を休んでいて出勤許されたと言うことは、主治医から完治して感染力なくなったと判断されたと言う事だと思いますけどねぇ。
どうしても不安だと言う事であれば医師の完治したという診断書を見せて貰うしかないと思いますが、そこまでやるのはちょっとやり過ぎで人間関係ギクシャクしてしまいそうです。
医師から完治と言われましたか?程度は聞いても良いと思います。

投稿: 町田眼科医院 | 2015年11月26日 (木) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136524/53993186

この記事へのトラックバック一覧です: アデノウィルスに有効な消毒薬と使用法:

« 愛知県境、鳳来町? | トップページ | 古いハートレートモニター、まだ動きます »